【スポンサードリンク】

もうすぐ夏休みですね。

夏休みと言えば海、ディズニーランドで海と言えばやはりディズニーシーです。

ディズニーシーへはディズニーランドからすぐに行けると思っている人が多いのですが、実はそうではありません。

徒歩で行くには遠いし、モノレールの方が良いのか?など迷いますよね。

そこで私が実際にディズニーシーにまで行って検証した結果をお伝えしたいと思います。

舞浜駅からディズニーシーへの行き方

東京ディズニーランドと言えばJR京葉線の舞浜駅です。

舞浜駅からディズニーランドは目の前ですが、ディズニーシーとなるとこの3つの行き方があります。

1・徒歩で行く

2・モノレールで行く

3・タクシーで行く

 

この4つの行き方を解説していきますね。

1・徒歩で行く

舞浜駅の改札を出て左方向にあるイクスピアリに向かいます。

「イクスピアリ」

気をつけて欲しいのはディズニーランド側の入園口がありますので、そちらに行かないようにしてください。

私もそっちが人が多いのでついつい並んでしまった事がありますが。

イクスピアリの右側ではなく、「左側」に行きます。

左側に行くと建物がありますが、その建物には入らず、階段を降り、信号を渡ります。

信号を渡り左に曲がります。そして突き当たりの信号まで歩きます。

ここでまた注意点です。

信号を右に曲がっていく人がいますが、それはディズニーランドの従業員さんなので、ついて行かないように。

そしてさらにまっすぐ行くとアンバサダーホテルが左側に見えてきます。

「アンバサダーホテル」

アンバサダーホテルを通りすぎると「浦安運動公園」のモニュメントがありますので、そこを右に曲がるともうディズニーシーの敷地内に着きます。

舞浜駅から歩いて10分から15分です。

【スポンサードリンク】

モノレールで行く場合

では次にモノレールで行く場合を解説します。

モノレールで行く場合は「リゾートライン」と呼ばれるモノレールに乗ります。

リゾートラインに乗るには徒歩で行く時と同じようにまずはイクスピアルに向かって歩いていきます。

そうするとリゾートラインの改札が見えてきます。

リゾートラインは一般の電車や地下鉄と同じようにICカードが使えますので、お手持ちのカードを使って乗る事ができます。

もし現金で乗る場合は大人(中学生以上)260円、子供(小学生)130円で定額です。

スタート駅は「リゾートゲートウェイステーション」と呼ばれる駅で、そこから乗ってディズニーシーステーションまで行けばOKです。

ディズニーシーステーション駅を降りると目の前がディズニーシーのエントランスとなっています。

舞浜駅から徒歩も入れてモノレールに乗り、ディズニーシーのエントランスに着くまでは20分は最低かかります。

リゾートラインには時刻表がありません。しかし大体5分から10分間隔で運転していますので、待ち時間はほとんどありません。

タクシーで行く場合

では最後にタクシーで行く場合を解説します。

タクシーで行く場合は舞浜駅のバスロータリーに行きます。

もしあなたが4人グループでディズニーシーに行くのであれば、タクシーが一番お得です。

なぜならばタクシーは初乗り料金710円なので4人で行けば1人200円もかからないからです。

所要時間も5分ほどで着きますし、タクシー乗り場にはたくさんのタクシーが止まっていますので、モノレールのように待つ時間もありません。

タクシーと行くとお金がかかりそうなイメージですが、実は一番安かったりします。

まとめ

以上3つの行き方を解説しましたが、気持ちの良い天気なら歩いていく、雨が降っているならタクシーに乗る。

ディズニーランドで遊んでから行くならモノレールに乗っていく。

こんな感じでその時の状況に合わせて行き方を選んでもらえればと思います。

【スポンサードリンク】