【スポンサードリンク】

ディズニーランドは、現実世界とはかけ離れた楽しみを味わえる夢の場所です。

でもそんなディズニーランドにも、たくさんの都市伝説があるのを知っていますか?

これからディズニーにまつわる都市伝説をお話していきます。

ビックサンダーマウンテン故障の原因

ビックサンダーマウンテンといえば、東京ディズニーランドの中でも1番人気のあるアトラクションです。

10年以上前の話ですが、このビックサンダーマウンテンが突然停止してしまうという事故が発生しました。

まさか停止するはずのない場所で故障するというトラブルに、係員も慌てて乗客を安全な場所に移動させて、緊急点検が行われました。

しかし、原因を探る為に隅々まで点検しても、異常な箇所はなにひとつ見つかりませんでした。

そこで防犯カメラのチェックをしたところ、そこにいるはずのない幼い男の子の姿が映っていたのです。

さらにその男の子のそばには、髪の毛が長くて白い服の女性が映っていて、体が少し透けていたというのです。

この女性がビックサンダーマウンテンのレールの上を歩いていたことが、故障の原因だと判明しました。

お清めの塩をまいてからは、同じような故障は起こらなくなったようです・・・

イッツアスモールワールド女の子行方不明事件

【スポンサードリンク】

閉園時間が近づいた頃、一人の女の子がイッツアスモールワールドに乗りました。

その女の子が乗ったボートは、6番の赤いボートでした。

一周まわってきたそのボートには、女の子の姿がなかったのです。係員が急いでエリアの中を探しましたが、とうとう女の子は見つかりませんでした。

子供が行方不明になったら、親が探すのは当然ですが、その女の子の親は現れませんでした。

それはどういうことなのか・・・

この6番の赤いボートに乗った女の子は、もうこの世には存在していなかったとか。

ホーンテッドマンションの窓に現れる女性の影

ホーンテッドマンションに並んでいると、窓に本物の幽霊が見えるといわれています。

ホーンテッドマンションは人気があるので、中に入るのは1時間待ちなんていつもの事です。

そんな待ち時間中に、ふとホーンテッドマンションの窓の方をみたら、女性の人影が見えたのだとか・・・

アトラクションを終えて、外に出てきてもう一度その窓を見たら、もう女性の姿はなくなっていた。

たくさんの方が、目撃しているようです。

目撃した人は、それはディズニーランドの演出で、あんな高い場所に人形を置くなんて手が込んでるな~と思っていたみたいです。

でも実際ホーンテッドマンションの窓の所に、人形を置くスペースなんてないんです。窓の場所は、1階から1番上まで吹き抜けになっているんですから。

たくさんの幽霊がでてくるホーンテッドマンションで、もし本物がいても大体の人が気づかないと思います。目撃した人は、それも仕掛けだと思っていますからね。

 

ディズニーランドの都市伝説を、3つお話しました。

これらを信じるか信じないかは人によって違うので、判断はおまかせします。

 

 

 

【スポンサードリンク】