【スポンサードリンク】

東京ディズニーリゾートを楽しむには、色々な裏技や攻略方法があります。

今回は、そんな裏技について話していきます。

混雑日は行かない

東京ディズニーリゾートはいつも混雑しているイメージがありますが、そんな事はありません。

年間を通じてみると、やはり寒い冬は空いています。

特に1月2月の寒い時期、天気が悪くて雪が降ったりしたらガラガラ状態です。

あとは梅雨の時期、雨が続く6月です。

一週間で見ると、1番混むのは当然土曜と日曜です。

その次に混むのが、金曜月曜です。

水曜火曜あたりは、まだマシのようです。

気候がいい4月10月あたりの週末は、めちゃくちゃ混んでいます。

ご飯は早めか遅めか予約

東京ディズニーリゾートのレストランは、いつも混雑しています。

特に、お昼時や夜ご飯の時間になるとすごいです。

レジはものすごい長蛇の列で、座る席もなかなかとれません。

でも少し時間をづらすだけで、全然違ってきます。

ランチは、午前11時前くらいにするようにして下さい。

夜は、夕方の5時くらいがベストです。

あとは、レストランの予約を取っておくことです。

東京ディズニーリゾートのレストランは他のお店と一緒で、予約は前日まで可能ですし費用もかかりません。

一部のレストランでは、予約ができるプライオリティーシーティングという制度があります。

どんなに混んでいても予約者が優先なので、ほとんど待たなくてすみます。

【スポンサードリンク】

ファストパスをうまく使う

ファストパスは、前の取得から2時間が経過するか、前に取得したファストパスの開始時間が過ぎないと次を取ることができません。

ですので、2時間経ったらできるだけ早く取りにいくようにして下さい。

人気のアトラクションから先に、ファストパスを取得しましょう。

どうしても乗りたいアトラクションは、2時間後に絶対残っているか分からないので、早めに取得しておいて下さい。

後で取れそうなファストパスは、後回しにしましょう。

ファストパスアプリもあるので、待ち時間などもチェックできます。

行きたいアトラクションは最初に決めておいて、待ち時間の少ないタイミングで並びにいくようにしましょう。

閉園間際を有効に

閉園間際になると、アトラクションも一気に空いてきます。

東京ディズニーリゾートは、かなりギリギリの時間でもアトラクションに乗せてくれるので、閉園ギリギリは乗りたかったアトラクションにいきましょう。

でも列が長いアトラクションで、終了時間を越えている場合は乗ることができません。

閉園間際は走りまわらないといけないので、おみやげは早めに買っておいて下さい。

お土産売り場は昼間はガラガラなのに、夜は混みこみです。

とても混雑するので、早く買ってロッカーにいれておけば、邪魔にもなりません。

閉園間際にお土産を買うのは、絶対にやめましょう。

 

どうでしたか?

東京ディズニーリゾートは何をするにも人がいっぱいですが、ちょっとした裏技で随分スムーズになる事があります。

ぜひ実践してみて下さい。

 

 

 

【スポンサードリンク】