【スポンサードリンク】

香港ディズニーランドへは色々な手段があります。

ディズニーランドの運行しているシャトルバス、空港からのリムジンバス、タクシーなどなど。

これらの交通手段をベスト5でまとめてみました。

その1 uber(ウーバー)

ウーバーとは通常のタクシーではなく個人が自分の車で送ってくれるサービスです。

日本では個人が部屋を貸す民泊が流行っていますが、それの車版です。

個人と言ってもちゃんと免許証などを提示しないとウーバーには登録できないので変なドライバーは居ません。

と言っても民泊でもトラブルがあるようにウーバーでもトラブルはありますので、自己責任でお願いします。

ウーバーの良いところはなんと言っても料金が安いところです。

日本でもウーバーは利用できますが、現在は東京などの都会でしか利用者が少ないのであまり知られてはいません。

しかし海外ではウーバーは有名で普通に旅行者が利用しています。

ウーバーを使うにはスマホがあればOKです。

「uber」で検索すればアプリがでてきますので、それをダウンロードするだけです。

支払いはカードで前払いで決済できますので、ぼったくられる心配はありません。

一度アプリをダウンロードしてしまえば世界中で利用する事が可能です。

空港から乗るには?

ウーバーの車はタクシー乗り場には入ってこれないので第一駐車場にいきましょう。

第一駐車場はタクシー乗り場の反対側にあります。

そこからウーバーアプリを起動させて車を呼びます。

あなたの居る位置が迎えに来る位置なので、必ず「乗る場所から」呼んでください。

通常よりも2000円ぐらいは安くなりますのでお勧めです。

乗り心地はどうなの?

基本的に個人の車なので差がありますが、お客さんを乗せる車なのでドライバーはそれなりにちゃんとした車を用意しています。

乗り心地は車によって左右されますが、普通に悪くないです。

それよりもたまに運転の荒いドライバーに当たると少し怖いです。その辺りも車を呼ぶまえに口コミとか評価欄があるのでそれを参考にしてください。

お金が安いからと言って安易に呼ぶと質の悪い運転手だったりしますので気をつけましょう。

お金もトラブルになりやすいので必ず呼ぶ前に手配した金額が載っているキャプチャーを取りましょう。

何かあった場合それがあればウーバーに請求が可能です。

その2 タクシー

香港国際空港から香港ディズニーランドまではタクシーで約15分です。

運賃は片道大体130香港ドル。

トランクに入れる荷物は別途料金が取られます。1個につき6香港ドル追加。

どうして荷物を積むのに別途かかるのか疑問ですが、仕方ありません。

香港国際空港のタクシー乗り場には案内係がいますので行き先を伝えると目安運賃のレシートをもらえます。

これを間違ってもドライバーに渡さない事。

降りる際にぼったくられる可能性があります。

これがないととぼけられてしまうのです。香港ではボッタクリタクシーの被害がたまにあるので、必ずレシートは自分で持っておいてください。

車両番号も載っているので忘れ物をした時にも役に立ちます。

電車で行くよりは楽ですが、2名以上で乗らないと赤字です。

ドライバーは英語を話せない人が多いのであらかじめ行き先の書いたメモを用意しておきましょう。

行き先は漢字で書いておけばOKです。

香港では後部座席もシートベルト必須です。

違反するとシートベルトをしていない本人が罰せられるので注意してください。

こちらがタクシー乗り場です。

香港のタクシーは赤、緑、青があります。

どれに乗っても香港ディズニーランドに行くことはできます。

トラブル回避のコツ

ぼったくりタクシーにも色々あり、運賃をぼったくる奴、荷物の積み込み費用をぼったくる奴など色々いますが、タクシーに乗る前にあらかじめ「こいつヤバそう」という見破りかたを教えます。

1.行き先を言った時に態度の悪い奴

2・荷物をトランクに放り投げる奴

この2つをする奴は気をつけましょう。

対策としては、

荷物は車内に持ち込む(これでトランク費用が取られない)

【スポンサードリンク】

大きな紙幣は必ず両替しておく(お釣りがないと言われてしまうので)

レシートは自分で保管

この3つです。

この3つをしておけばとりあえず安心です。

その3 空港リムジンバス

ディズニーハリウッドホテルから香港国際空港に帰る際に利用します。

予約が必須ですので予約方法を書いておきます。

バスの予約はベルデスクにいきます。ベルデスクはフロントカウンターの横にあります。

予約は乗車日の前日17時までですので注意してください。

1時間に1本しか出ていません。

お勧めはホテルにチェックインした時にもう予約しておきましょう。

でないと席に限りがあるので帰る前日に予約が取れない時があるからです。

空港までは約20分です。

荷物は積んでくれますし、タクシーよりはかなり安心です。

大人40香港ドル、3歳から11歳はは20香港ドルで、3歳以下は無料です。

支払いは現金、カードが使えます。

予約の際は搭乗予定の便名と時間が必要なのでチケットを用意しましょう。ホテルのルームナンバーも聞かれます。

注意事項

荷物は1人2つまでです。

予約する際は飛行機の離陸する2時間前には着くようにしましょう。

基本的には香港国際空港のターミナル1に着きますが、言えば2にも行ってくれます。

予約の際にステッカーを渡してくれますので、それを無くさないように。バスの時間が書かれていますので。

その4 地下鉄

香港国際空港からエアポートエクスプレスと言う電車が走っています。

エアポートエクスプレスに乗るにはオクトパスカードと言うカードが必要になります。

このカードは日本のIC乗車券と同じで、あらかじめお金を入れておけば電車にも乗れるし、コンビニなどで買い物にも使えます。

オクトパスカードを購入しない場合は改札口でエアポートエクスプレスの切符を買います。

香港の切符は紙ではなく見た目が似たICカードのようなものが出てきます。

改札に入るときはタッチ、出るときは改札機に挿入して回収されるという仕組みです。

エアポートエクスプレスは香港の言葉で「機場快線」となっていますので機場快線を目指してください。

エアポートエクスプレスは香港ディズニーランド直通ではありません。

空港から一つとなりの駅、青衣駅で乗り換えます。

次に乗るのは東涌線という電車です。

東涌線はオレンジ色のマークなのでそのマークを目指して進んでください。

東涌線の欣澳駅でまた乗り換えます。

欣澳駅からはディズニーリゾートラインへ乗換えます。

乗り換えは欣澳駅からすぐの向かいのホームです。

ディズニーリゾートラインでは迪士尼駅と言う駅がディズニーランド駅です。

改札を出ると大きく「Hongkong Disneyland」と書かれているアーチが見えるのですぐに分かります。

2回乗り換えますが、ぜんぜん難しくありません。

電車も綺麗だし、安心して乗れます。

その5 ディズニーホテル専用シャトルバス

シャトルバスはエクスプローラロッジからディズニーランドホテルまで運行しています。

運行コースは

「香港ディズニーランド・バスターミナル」

「香港ディズニーランドホテル」

「ディズニー・ハリウッド・ホテル」

「香港ディズニーランド・バスターミナル」

ですが、循環バスではないので気をつけてください。

運行は10分から15分間隔となっていますが、実際にはすぐに来ます。

と言うのもバスがたくさん待機しているので乗れないと言う事はまずないでしょう。

香港ディズニーランドには香港ディズニーランドホテルとハリウッドホテルの2つがありますが、バス停は1つです。

ハリウッドホテルからパークへ朝の時間に行く際は注意が必要です。

朝のハリウッドホテルからパークまではバスに乗る人が多いのでバスがたくさんあると言ってもかなり待ちます。

この待ち時間を考えると歩いた方が早い場合があります。

注意点

香港ディズニーランド・バスターミナルからパークのエントランスまでは徒歩で10分はかかります。

舞浜駅の改札から東京ディズニーランドのゲートまでの距離よりも遠いですのでそのつもりでホテルを出ましょう。

そして乗車場所と降車場所が違います。

降車場所はバス乗り場B、乗車場所はバス乗り場Aとなっています。

必ずバスターミナルで1度バスを降りましょう。

ハリウッド・ホテルから香港ディズニーランドホテルまで行くには香港ディズニーランド・バスターミナルで1度乗り換えをする必要があります。

以上香港ディズニーランドで利用すると便利な5つの交通手段を紹介しました。

【スポンサードリンク】